秋の紫外線対策はどうしたらいいのか

秋の紫外線対策はどうしたらいいのか

紫外線の影響は目には見えなくても肌の内部で確実に進行しています。それが紫外線による老化の一番怖いところで、自分では気が付かなくても肌は老化をしていくということになります。真夏の紫外線はとても強く、3分も紫外線に晒されていると老化が進行するなんて言われています。だから夏に外に出るときにはたとえ3分の外出時間であっても紫外線対策を行わないといけないということになります。蓄積されていく紫外線の影響は30代40代になってから気がつく事になるので、目には見えなくともしっかりと紫外線対策を行なっていくということが重要になります。夏の紫外線対策としては効果の高い日焼け止めが必要になりますが、秋になると紫外線の影響も落ち着いて来るので、日焼け止めを使うときには夏ほど効果の強い物を選ぶ必要はありません。SPFなら30程度でも十分な効果を得ることができるようになります。日焼け止めは効果の高い物ほど肌にダメージを与える事になり、SPFの数値が高い物ほど肌が乾燥しやすくなります。外出の時間に合わせて効果の高い物が必要になる事はありますが、効果の高い物を使いすぎて肌が乾燥してしまっては意味がありません。秋は乾燥しやすい季節になりますので、乾燥対策も考えたうえで日焼け止めを使うようにしてみましょう。日によって使う日焼け止めを変えていくというのが理想的ですので、長時間の外出用と短時間用に分けて用意しておくと対処しやすくなりますよ。