足の臭いの原因とその対策について

足の臭いの原因とその対策について

女性の場合、座敷に上がる時にそれまで履いていたブーツなどを脱ぐことがためらわれてしまうという経験もあると思います。自分の足の臭いを気にしてしまう人が多いため、足を出さないと行けない環境では不安な気持ちを抱えながら過ごすなんて人も多いと思います。足の臭いの原因について考えてみましょう。足の裏には汗腺が集中していて、特に汗をかく量が多いというのが足の特徴です。汗をかくと水分が多くなるので雑菌にとっては居心地の良い環境になります。ワキガの場合は、汗に含まれている成分と雑菌が反応することで強い臭いとなってしまいますが、足の場合は汗自体に臭いの素となる物はそれ程含まれていません。雑菌が好むのは汗が作り出す環境と足についている角質です。足は常に地面を蹴っている状態ですので体の中でも特に角質の多い場所になります。この角質が雑菌の栄養になるのです。角質が剥がれて汗と交じり合うと雑菌がそれを餌として繁殖し、反応した時に嫌な足の臭いへとつながってしまうのです。足の臭いを抑えたいと考えている人はまず角質ケアを始める必要があります。かかとの角質が厚くなっていると言う人はまず角質を取り除くようにしみてください。軽石で削るなんて方法が有名ですが、皮膚を傷つけないようにしてください。ピーリングケアが有効に成りますので1週間に1度程度のペースでピーリングケアを行なっていくと角質も減って行き足の臭いの素を消す事ができますよ。女性の場合は骨盤の歪みや筋肉の衰えによって脚が短く見えてしまうこともあります。O脚やX脚の人が非常に多く、脚が真っ直ぐに伸びていないことから自然と脚が短く見えてしまうことになります。O脚とX脚って全く違う物に感じますが、どちらも内股と言われていて、原因は似ています。膝を見てみるとO脚の場合もX脚の場合も内側を向いていて、だからどちらも内股と言われることになります。O脚だからと行ってガニ股になるわけではありません。女性の場合は内股になってしまうことが多くそれで脚が長く見えないという状態になってしまいます。O脚とX脚は治し方が違いますので、それぞれの治し方を理解して脚を少しでも長く見せられるようにしましょう。どちらも内股になるため、一番肝心な部分は骨盤の歪みです。骨盤が歪んだ状態になると内股になってしまいO脚やX脚になります。まずは骨盤の歪みを改善していきましょう。骨盤の歪みは日常生活の歩き方や座り方で矯正可能です。ヒールを履いて歩いたり、脚を組んだりすると内股になりやすくなるので出来るだけ避けたほうがいいでしょう。また骨盤の歪みだけでO脚やX脚が改善されるわけではありません。脚の筋肉のバランスが悪いと脚が歪んでしまいます。そのため骨盤矯正と同時に脚の筋肉をバランスよく鍛えてあげるということも重要になるのです。骨盤矯正のエクササイズと、毎日のトレーニングで内股を改善していくと少しでも脚を長く見せることができるようになります。立川の美容室