美容室側のメリットと客のメリット

美容室側のメリットと客のメリット

「次回予約をする」と言う事のメリットはお客さんの方にもありますし、美容室の方にもあります。単純に美容室としては次に来る約束をしてくれる、という事はそれだけ利益が見込まれる、という経営上のメリットがあります。次回予約を入れてくれる状況が続けば、それはそのお客さんが常連になってくれる、という状況を作る訳ですから、美容室としては嬉しいはずです。またお客さんたちが次回予約をする事で様々な事が計画的に行う事が出来る、というメリットも有ります。計画性が生まれる、という事は時間も経費も無駄がなくなる、という事なのでこれも経営的には助かる事です。一方で次回予約って結局は美容室側のお客の囲い込みでしょう?と思うお客さんもいるかもしれませんが、実際に次回予約を入れる事を繰り返してみると、これは客にとっても助かるシステムだ、という事を実感できると思います。まずは次の予約が取れている、という安心感です。美容室に行く時期になって、いつ行こうか?予約が取れるだろうか?とやきもきする事が無くなります。そもそも電話で予約をしなくても、美容室に居る時に予約をするのですから、その一手間も省けます。次回いつ美容室に行くか、が決まっていればそれに合わせた生活をする事ができます。たとえば前髪はセルフカットしている、という人なら、美容室に行く時期を見計らって切ることができます。予約の取り方はその美容室によって様々です。考え方としては何を優先して予約を取るのか、という事になると思います。ある美容室ならとにかく一日に一人でも多くのお客さんの施術をこなす事を目的とするかもしれません。またある美容室なら時間をゆったりととって、必ずお客さんに満足して頂ける施術を提供する事を優先するかもしれません。お客さんを持たせない事を一番に考える美容室も有るでしょう。それぞれに間違った方法ではありませんし、その時の美容室の経営状況によっては、そうせざるを得ない、と考える美容室も有るでしょう。ですから利用する私達からすれば、美容室がどう考えていようと、待たされることは好ましくありません。ですが待たされてでもその美容室で切ってもらいたい、という人もいるかもしれません。もしもそんなにこだわりのない美容室ならば、予約しているにもかかわらず待たされるのであれば、他の美容室の方がいいや、と思う人もいるかもしれません。つまり待ち時間が生じても、それでもお客さんが来てくれる美容室、というのは「待ってでもお願いしたい美容室である」と言う事になりますよね。もちろん待たされた時のスタッフの応対などにもよるでしょう。そういう美容室であるならば、待ち時間の事を気にしないで、別の視点で何を優先して予約を取るか、と言いう事を考えられるでしょう。平井 美容室