ダイエット後の食欲に注意

ダイエット後の食欲に注意

ダイエット期間中の満腹感はそれまでの生活で感じてきた満腹感とは違ったものになります。満腹感は脂肪が吸収された時にレプチンが分泌されることによって発生しますが、ダイエットをしているとこのレプチンの分泌量が変化します。レプチンの分泌量が低下した状態でダイエットを終わらせ食生活を元に戻したらどうなるでしょうか。レプチンの分泌量が戻らない状態では食べても満足感を得ることが出来ません。満腹感を得る事ができない状態が続けばそれだけ食べる量も増えていくことになります。ダイエットをやめた後は必要以上に食べる量が増えてしまうことになるためそれによってリバウンドが引き起こされることになるのです。更にダイエットをしているとホメオスタシス機能と呼ばれる防衛機能が働くため、食べて得た脂肪が消費されにくい状態になっています。食欲は増しているのに食べた分は消費できないと言う状態がリバウンドを招いてしまう原因になります。満腹感を正常に得られるようになるためにはレプチンの分泌が正常な状態に戻るまで待たないといけません。そのためには約1ヶ月の時間が必要になり、1ヶ月かけて正常に戻っていくわけです。ダイエットを終わらせて、食生活を元に戻した後、1ヶ月は食べすぎに注意しながら生活していくことになります。ダイエットを終えて目標体重を達成出来たからといってそれでダイエットが終了する訳ではありません。リバウンドをしないためにも後1ヶ月は気を引き締めて生活していくようにしてみてください。美脚と言うと太ももが気になるところですが、スカートの長さに関係なく一番露出が多くなるのがふくらはぎになります。太ももは丈の長さで隠すことも可能ですが、ふくらはぎは隠すことが難しい場所です。そのためふくらはぎが太くて困っていると言う人も多いのではないでしょうか。ふくらはぎは脂肪以上に筋肉による太さが気になるところです。美脚を目指して毎日走っているけど筋肉ばかりついて太さは対して変わっていないなんてことになってしまうとなんのためにダイエットをしているか分からなくなります。運動をすると筋肉がついて太くなり、運動をやめると脂肪がついて太くなってしまう、これでは理想的な美脚を実現することは難しくなってしまいます。筋肉で太くなったふくらはぎはまずマッサージで血行を良くしてあげることが大事です。血行が良くなるとふくらはぎのむくみが解消されてリンパの流れも良くなります。また脂肪の燃焼が行なわれやすくなるため効率的に脂肪を減らしていくことができるようになります。余分な老廃物をふくらはぎから取り除くことが出来るようになるとそれだけでも脚はスリムになって行き理想としていた美脚に近づくことができます。運動をして疲れの溜まったふくらはぎは凝った状態になっていますので、その凝りをほぐして余分な脂肪と水分を取り除いてあげることが必要になるわけです。運動だけでのくマッサージもセットで行っていき気になうふくらはぎの太さを解消してあげてみてください。立川の美容室