化粧品に使われているスクワランについて

化粧品に使われているスクワランについて

化粧品の成分を見てみるとスクワランという文字を見かけます。多くの化粧品の主成分となっているスクワランですが、スクワランとは一体どういったものなのでしょうか。スクワランは深海鮫の肝油から作られていますです。深海鮫の肝油の主成分はスクワレンと呼ばれていて、サプリメント等に使われている健康食品が有名です。スクワレンとスクワランの違いとしてはスクワレンは酸化しやすい、スクワランは酸化しにくいという特徴があります。スクワレンは不飽和炭化水素で酸素を反応しやすく酸化しやすいという特徴があります。スクワランはすでに水素と反応させてあることで酸素が結合できないように作られていて、それによって安定した成分になっています。スクワレンとスクワランの違いは安定しているかいないかの違いなわけです。食品として体の中にスクワレンが入り込むと体の中で水素と結合しスクワランを作り出します。スクワランは人間の体の中でも作られていて、皮脂の成分として肌を守ってくれています。スクワランとスクワレンの関係は少し複雑ですが、基本的に化粧品として使われるものがスクワラン、健康食品として使われている物がスクワレンとおぼえておきましょう。スクワランは体内でも作られている成分と言うこともあり、化粧品の成分には使いやすいということもあります。スクワランの化粧品を選ぶときには不純物の少ない純度の高い物を選ぶようにしてみると良い化粧品を見つける事が出来ますよ。美容室 横須賀 ヘアサロン カット 美容院 横須賀中央カラー パーマ トリートメント 縮毛矯正 口コミ メンズ 安い おすすめ 人気