綺麗な肌を作りたいのにスキンケア効果が出ない理由

綺麗な肌を作りたいのにスキンケア効果が出ない理由

シミやくすみのない美白肌に憧れる女性は多いですよね。
しかし、綺麗な肌を目指してスキンケアをしている割に、あまりスキンケア効果が出ない…とお悩みの人もいらっしゃいます。

 

スキンケアを丁寧に行っているにも関わらず、思うような効果が出ないのには理由があります。
それにはどのような理由が考えられるのか、お伝えしていきます。

 

○ターンオーバーが乱れている

 

ターンオーバーが正常なサイクルになっていないと、いくらスキンケアを上手にしていても、肌悩みが解消されないことがあります。

 

ターンオーバーというのはお肌の新陳代謝の事です。

 

体も代謝が悪くなると栄養分が体に行き渡らなくなるように、お肌も代謝が遅れてしまうと、本来肌に本来必要な栄養分が肌細胞に行き渡らなくなってしまいます。

 

ターンオーバーが乱れている間は、いくらたっぷり高価な化粧水や美容液を使用していても、お肌に潤いを感じなくなってしまいます。
肌トラブルがなかなか改善していかないのは、このためでもあるのです。

 

基礎化粧品でいくら念入りにスキンケアをしていても肌の調子が変わらない場合、何らかの事情でターンオーバーが乱れてしまっていると考えてみるといいでしょう。

 

○ターンオーバーが乱れてしまう原因5点&対策

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因としては、次のような理由が挙げられます。
・ストレス
・ホルモンバランスが乱れている
・加齢
・乾燥
・紫外線

 

乾燥しやすいこの時期、ターンオーバーが乱れてしまうと、保湿成分もお肌に届かず、潤い不足から様々な肌トラブルが出やすいです。
対策としては、古くなった角質が新たな細胞と入れ替わるように促すためにも、角質を柔らかくして取り除いてくれるピーリングアイテムを使うのがおすすめです。

 

目の下のクマにお悩みの人はいらっしゃいませんか?

 

一口にクマといっても、色にも違いがあり、原因によって種類も違っています。
今回は、青、黒、茶色のクマのそれぞれの原因や特徴を探っていきます。

 

○青クマができてしまう原因とは…

 

まず、青いクマができてしまう原因です。

 

寝不足だとクマができるイメージを持っている人も多いでしょうが、青クマはまさに睡眠不足でできてしまうクマです。

 

このため、睡眠不足が解消されれば青クマも改善されることがほとんどです。
睡眠が足りていないと、目周りが血行不良になってしまいます。
目の周りには毛細血管がたくさん集まっているため、血行不良になってしまうことにより、青っぽくなってしまうのです。

 

○茶クマができてしまう原因

 

目の下にまるでシミができているかのように見えてしまうのが、茶色のシミの特徴です。
茶色っぽいクマの場合、考えられる原因は色素沈着。

 

角質が分厚くなっているケースも考えられます。
日頃クレンジングや洗顔する時に、目の周りを強くこすってしまうことによって、お肌に刺激を与えてしまい、メラニンが多く発生するようになります。

 

メラニンが多く発生してしまうと、メラニンを排出させるための肌代謝が追いつかなくなってしまいます。
結果的に、目の周りで色素沈着を起こして茶色のクマができるようになってしまうのです。

 

○黒クマができてしまう原因とは

 

黒クマは目の下がたるんでしまうことによって、黒い「影」ができてしまい、目の下が黒っぽく見えてしまうのが原因です。
ハリ不足でたるみができていることが原因のため、ハリを出してあげれば抑制できるでしょう。
年齢を重ねるにつれて下まぶたの皮膚は薄く弱くなっていきます。
そのため、どうしてもたるみが出やすく多少は防げませんが、アイクリームなど使って、目元のハリをキープするなどの対策法があります。

 

新小岩 美容院 中途 求人