コラーゲンの減少を防いで老化を防ぐようにしよう

コラーゲンの減少を防いで老化を防ぐようにしよう

真皮に存在しているコラーゲンは肌の老化を抑える働きを持っています。基本的に若さの象徴といえる肌のハリや弾力は真皮層のコラーゲンによって生み出されています。つまりコラーゲンが減少することが肌が老化していということになります。シワやほうれい線が目立つようになり、見た目年齢がかなり増加してしまうことになってしまいます。コラーゲンは年齢の増加と共に次第に減少していき、肌はたるむようになってしまいます。また活性酸素同様に紫外線の影響も受けやすく、紫外線を浴び続けていくと真皮層にまで入りこんだ紫外線によってコラーゲンが破壊されてしまいます。一度壊されたコラーゲンは修復が難しく、下手をすると一生元通りに戻る事がないという可能性もあります。真皮は表皮とは違い肌の新陳代謝がそこまで活発な場所でもないので、自然と回復するのを待っていると年単位で苦労しないといけなくなります。そこまでの時間をかけて待つことは出来ませんのでコラーゲンを減らしてしまう原因となる紫外線に対しては、紫外線を浴びない生活を送っていくという事が大事になります。コラーゲンは食品の中から補給をしているということを考えると、偏食もコラーゲンの生成も妨げる要因になります。ダイエット期間になると特に食べる量を減らす人がいて、それによって肌が老化してしまうという事はよくあります。体を老化させないためにもコラーゲンの減少を防ぐための生活を送れるようにしてみてください。武蔵小杉の美容院