夏から秋に変わるときには肌の時差ボケに気をつけよう

夏から秋に変わるときには肌の時差ボケに気をつけよう

夏から秋に季節が変化するときには季節の変化に合わせて肌が変わります。しかし肌は秋が来ればすぐに季節に合わせて変化をしてくれるわけではありません。そこには季節による時差が生じてしまうのです。肌は表面を表皮が覆い、その奥に真皮があり肌を作っています。季節が変わると表皮部分は季節に合わせて変化しますが、真皮はすぐに変化するわけではありません。だから表皮は秋仕様になっているにもかかわらず真皮は夏仕様のままという時差が生じてしまいます。秋は乾燥しやすい季節になり角質が厚くなります。真皮からは夏同様に皮脂が大量に作られる状態のままで、皮脂と角質が混じった角栓が作られやすくなります。角栓は毛穴につまり黒ずみになってしまいます。角栓は皮脂だけでなくく角質も混じっているという特徴から簡単に汚れを落とすことが出来ないので、毛穴に詰まった角栓は特に通常の洗顔では落とせなくなります。秋は角質が厚い事で角栓の中の角質の割合が多くなりさらに頑固な汚れとなって毛穴に入り込むことになります。しつこい汚れとなった角栓を落とすためには余分な角質を落とすピーリングが必要になります。自宅でも簡単にピーリングケアは出来ますので、秋口にかけて毛穴の詰まりが気になる人はピーリングを試してみてください。季節による肌の時差ボケは約1ヶ月ほど続くようです。1ヶ月間は毛穴の詰まり汚れに悩まされる可能性があるということを理解して角栓汚れと戦っていくようにしてください。大名 美容院