お客さんに恥をかかせない

お客さんに恥をかかせない

もしも美容室の会計でお金が足りない事に気が付いた場合には、どうしたって誤魔化すわけにはいきませんよね。正直に「足りない」と言う事を話さなくてはイケなくなりますが、美容室側がどの様な対応をするか、というと、それは不足分の金額によると思います。たとえばですが半額以上払えない、という事になると、これはなんとしても払ってもらわなくては美容室も納得しないでしょう。初回のお客さまなら「次回」と言う約束も難しくなります。トラブルに発展するケースもあり得るかもしれませんが、そんな事態になる事は避けなくてはいけませんよね。ただ足りないのが100円単位の場合、もしも親切な美容室の場合や、懇意にしている行きつけの美容室であれば、なんとかしてその不足分にサービスを適用するなどして、払わなくてもいい様な対応を取ってくれる事も有ります。たとえば本当はクレンジングをしたけれども、そうではなくてキャンペーン中の無料のトリートメントをした事にする、などです。どうしてもレジで、メニュー内容を打ち込まなくてはいけませんから、美容室スタッフもただその不足分を受け取らない、というわけにはいきません。ですが足りない、というだけでとても恥ずかしい思いをしているお客さんをそれ以上辱めない様にする心遣いです。もっともそういう対応はある程度の信用が無ければ出来ないかもしれませんね。派遣美容師というのは、どういう人が利用しているものなのでしょうか。派遣美容師として働く事の最大のメリットは、自分で働き方を選ぶことができる、という点ではないでしょうか。ですから派遣美容師と言う働き方を選ぶ人は、お店の働き方に縛られたくない、もしくは縛られると困るという立場にある人ではないでしょうか。一番多いのは子育て中の女性美容師ではないでしょうか。育児を優先したいけれどもまったく美容師の仕事から離れてしまいブランクが出来るのは心配だ、と考える女性美容師は多いでしょう。ですが完全にお店に復帰してしまうと今優先したいと考えている育児との両立が難しくなります。ですが派遣という働き方なら、育児を優先させながらも美容師としての腕を磨き続ける事が可能になります。元働いていた美容室が夜遅くまで営業している様な美容室だったとしたら、早い時間に上がれる美容室への派遣を希望する、といった具合にこれまで通りにはいかなくなった部分で、融通を効かせることができるのが最大のメリットでしょう。産休や育児休暇中の女性美容師が、完全復帰するまでのリハビリとして利用するのも良いでしょう。働く場所も、自宅から近いとか子供の保育園の送迎に便利なところ、という条件で登録する事も出来ます。目白にある美容院