生理に合わせて生活習慣を変えていこう

生理に合わせて生活習慣を変えていこう

女性の場合は生理の影響で毎回肌の調子が変化します。もっと詳しく見ると生理周期に合わせて肌が変化していくので、自分なりに生理周期に合わせた肌のスキンケアを行なっていく必要があります。生理が始まった直後になると一時的に女性ホルモンの働きが落ち着き、血行の悪い状態が続きます。そんな時にはダイエットも効果がでませんし肌は乾燥しやすくなります。スキンケアを行うときには保湿に力を入れて乾燥から肌を守ってあげるようにしてください。それから女性ホルモンの内エストロゲンの分泌量が多くなり始めて、一番肌の調子がいい時がやってきます。この状態の時にはダイエットをするとすぐに体重が減っていきますし、スキンケアもやりやすい時期に入ります。自分を一番磨くことが出来る時期なので、きれいになるための努力を惜しまないようにしましょう。次第にプロゲステロンの分泌量が多くなりエストロゲンの分泌量を上回るようになると脂肪を溜め込みやすい体質になります。この時期になるとダイエットが効果を発揮しにくくなり、食べると太りやすい時期に入ります。肌の調子も悪くなっていきますので丁寧なケアをしていく必要があります。生理直前になると肌の調子は一番悪くなり、皮脂の量が増えてニキビにも悩まされるようになります。肌トラブルの対処に追われてスキンケアが特に大事な時期になります。生理の周期に合わせた美容習慣やスキンケアについて考えてみると効率的にきれいになることができます。生活をしていく中で周りの視線を気にしてしまうことはよくありますが、体臭は特に気になるという人が多いようです。見た目の美容とは違い体臭は自分で感じることが難しいですし、どんな臭いがいけないのかということも明確に分かりにくいことが体臭をより強く気にさせてしまう原因のようです。体臭の中で気になる臭いとしては加齢臭やタバコの臭いなどがありますが、圧倒的に気になるのがワキガです。脇のアポクリン腺から分泌される汗が雑菌と反応して発する独特の臭いは非常に強い臭いを発して、周りの人に感じ取られてしまいます。誰も何も言わないかもしれませんが心の中で不快感を持たれているかも知れないというのは精神的に辛いものです。ワキガって基本的に遺伝する物なので、家族のうちの誰かがワキガでない限り自分がワキガになってしまうことはありません。ワキガの原因となるアポクリン腺が遺伝によって受け継がれていますので、家族全員がワキガでないなら基本的にワキガになってしまうことは無いのです。もしも家族の誰もワキガでないのに自分だけがワキガという人は、食生活の違いがあるかもしれません。ワキガ体質の人でもワキガにならない人は食べている物で体臭が自然と抑えられているからです。バランスのいい食生活を送るようにするとアポクリン腺を持っている体質でもワキガにはならない人も沢山います。肉を中心に食べる生活を送っている人は日本食のバランスの良い生活を送るようにするとワキガ体質でも体臭が気にならなくなります。