シャンプー指名される喜び

シャンプー指名される喜び

普通の美容室ではシャンプーをするアシスタントは誰が良いですか?と言う希望を聞いてくれる事はありません。ほとんどの美容室が適当にその時に手が空いているアシスタントにシャンプーをさせるようですね。ですが客の立場から言うと、明らかに「このアシスタントさんのシャンプーが良い」と思う相手、ていると思うんですね。「今日のシャンプー、あのアシスタントさんだったらいいなあ〜」と期待してしまう事ってありますよね。ですから本当はシャンプー担当者の指名があたら利用したい、と思っている人は多いと思うんです。それにもしも実際にアシスタントさんがシャンプーの指名を受けたら、それはとても嬉しい事のはずですよね。お客さんから自分が努力して身に着けた技量を必要とされている、喜んでもらえている、という証になりますから、それは何よりもの励みになると思うのです。ですからもしもお気に入りのアシスタントさんがいるのであれば、シャンプーの指名をしても良いかどうか、をダメもとでたずねてみるのも良いのではないでしょうか。指名されることがアシスタントさんの成長につながるのであれば、その美容室としても喜ばしい事ですし、他のアシスタントさんも負けない様に頑張るモチベーションにつながると思います。美容師にとって「お任せさせる」と言う事はとても嬉しい事であるはずです。「全信頼をあなたにおいています」と言われている様なものです。ですから「今のお客さんよりも数倍キレイにしてあげよう」とか「全力を注いでやる」といったやる気がみなぎってくる、という美容師もいます。ですが困るのは、お客さんが本当に全信頼を自分においてくれているのか?と言う事です。たとえばこれまで一度もその美容室に来たことも、その美容師を指名したことが無い人から「お任せ」と言われているのは、信頼されている、というよりは、試されている、という感覚の方が強くなるかもしれません。もちろんそれでもお客さんが「お任せで」と言う以上はそのオーダーに応えなくてはいけないのが美容師です。ただ、実際にはそのお客さんには本人の中で確立されているNGな事がある場合があります。たとえば「スタイリングは面倒くさいと思っている」というような場合です。そういう情報を知らずに、その人に似合うから、というだけでスタイリングに少し手間がかかるスタイルにしてしまった場合、お客さんの満足は得られない可能性があります。お任せされてやる気になる、という時には、果たして本当に何一つ要望は無いのか、という事を確認する方が良いのかもしれません。大塚 美容室