夏に太ってしまう原因とは

夏に太ってしまう原因とは

夏は代謝の低下しやすい季節です。その理由としては気温の高さから脂肪を燃焼しにくい状況になっていることの他に冷たいものを食べる機会が増えることが影響しています。夏は冷たいジュースにアイス、水分の多い果物を多く食べる季節です。夏に採れる果物や野菜には涼しさを得られるように体温を下げる効果のあるものが多いため、体の冷えに気をつけないといけない季節なのです。暑さに対して冷たいものを飲みすぎてしまうと体の冷えは加速して内臓機能が低下してしまいます。体の内部から冷えるようになると代謝を司る内蔵の機能が低下してしまい、体温の調節機能も満足に働かなくなり代謝が低下しやすくなってしまいます。特に肝臓の機能低下は代謝を悪くするため、冷たいものの摂取に加えアルコールの過剰摂取をしてしまうと痩せにくい体質に変わってしまいます。体の内部が冷えると運動量も減ってきてしまい太りやすくなってしまいます。夏なのに痩せていかずに太ってしまったなんて悩みを毎年抱えている人は冷たいものを過剰摂取が原因かもしれません。夏の暑い季節といっても体の中は温めていくことが健康と美容の基本になります。冷たいものを飲む量を減らしていき温かい飲み物を飲むようにしていく生活に変えてみると夏でもダイエットしやすい体になります。低下した内蔵機能は水風呂に入ることで回復させることも出来ます。夏バテで毎年悩んでいる人や夏が終わると太ってしまうという人は過ごし方を少しだけ変えてみるといいですよ。夏といえば汗をかく季節です。汗をかくと美容に良い効果が沢山あるため、夏の過ごし方によっては肌を若返らせることも出来るかもしれません。汗をかくといっても、汗には良い汗と悪い汗があります。汗の中には様々な成分が含まれていて、その成分によっては熱中症になりやすくなったり肌の状態が悪くなったりもします。肌の状態を整えてくれる汗というのはその成分のほとんどが水分からできています。皮脂と混ざり合い皮脂膜となって肌の乾燥を防いだり、外部からの細菌の侵入を防いだりしてくれます。肌の状態を弱酸性に保ち、悪玉菌の働きを抑える効果もあります。良い汗をかくためには普段から運動を行い、汗をかく習慣を付けていくことが大事です。汗をかき慣れていると汗腺が十分な働きをし、肌にいい汗をかくことが出来るようになります。逆に汗腺を働かせていないと汗腺の半分くらいしか汗をかくことができずに美容に良くない汗になりやすくなります。ミネラルが含まれた汗をかくと熱中症になりやすくなるため美容だけでなく健康にもよくない汗になってしまいます。夏の季節は特に熱中症に気をつけないといけないため、いい汗をかくことができる習慣を身に着けていく必要があります。運動だけでなくお風呂やサウナも利用して汗をかく機会を増やしていくようにするといいでしょう。汗をかいた跡はしっかりと拭き取り、体温が奪われることのないように注意していくことも忘れないで下さい。岩槻 美容院