薄毛の悩みの性差

薄毛の悩みの性差

みなさんは「薄毛」とか「脱毛症」「ハゲ」といった言葉を聞くと、男性・女性のどちらを思い浮かべるでしょうか?多くの人たちが「男性」を思い浮かべるのではないでしょうか。確かに髪の毛が薄い、ハゲている、というスタイルの人は男性に多いものです。そして実際にその悩みを抱えているのは男性が多い、という事もこれまで言われてきていた、と思います。ですが逆に「女性は禿ないのか?」というとそういうわけではないんですね。がっつりと男性のようにハゲてくる、というケースはまれな様ですが、いわゆる「薄毛」と言う症状は多くの女性に見られるものです。特に更年期ぐらいの女性たちは多くの人が入浴する時に自分の抜け毛の多さに驚いたり心配したり、という思いをした経験があるようです。最近髪の分け目が妙に目立つようになった、と気持ちが暗くなる人もいます。つまり男性とは現れ方が違うにしても、決して薄毛は男性だけの悩みではなく、男性と同じぐらい薄毛の悩みを抱えている女性は多いのです。男性ならばたとえハゲてしまったとしても、逆に「スキンヘッド」としてそれがその人のスタイルとして受け入れられているケースも有ります。ですがさすがに女性のスキンヘッド、というのは今の所受け入れられてはいない様です。男性にしても女性にしても、素人であれば正しい薄毛の対策や薄毛に関する知識と言うのは、持ち合わせていないのが当たり前です。「知ってるよ」と言う人の中にも、実は間違った情報を得てしまってそれを信じ込んでいる人もいます。ですから本当に薄毛対策に有効なのは、「きちんと相談できるプロの美容師がいるか」と言う事なんですね。ですがどんなに美容師と仲が良くても、自分の髪の毛が薄くなったり細くなったり、というみっともない感じの相談というのは、抵抗がある、という事もあるでしょう。特に若い男性美容師に担当してもらっていたりしたら、出来れば薄毛の話なんてしたくないし、気付かれたくない、という人もいます。時には美容室に行くこと自体が嫌になってしまう人もいるようです。ですが本当はきちんと薄毛の悩みを美容師には無し、現状を診てもらって、プロとしての的確なアドバイスをしてもらう事が、なによりの対策になるんですね。だから担当美容師が決まっていて、信頼できて長年見てもらっている美容室がある、という事はとても大切な事なんですね。薄毛になっていく過程も全部知ってもらっている、という美容師であれば、悩み相談をするのも抵抗が無いと思われます。若いころから信用できて何でも相談できる美容師さんがいる、というのはありがたい存在です。辻堂 おすすめ 美容室 カット ヘッドスパ